<サービス終了のお知らせ>
誠に勝手ながら「いーなか交流館」は2017年3月1日をもちましてサービスを 終了致します。サービス終了に伴い、本サイトのデータは消去致します。 必要なデータがある場合はお手数ですがローカルPCに保存していただけますようお願い致します。
これまでご愛顧いただき、ありがとうございました。

姉妹都市調布の『ぬくもり情報』

RSS

テーマ

「調布映画祭ラインアップ発表 舞台あいさつに樹木希林さんも」

 調布市文化・コミュニティ振興財団(調布市小島町2)は12月7日、2017年3月に開催される調布映画祭のラインアップを発表しました。
 映画撮影所や制作会社が集まる「映画のまち調布」をアピールする同市。最大の映画関連イベント「映画のまちの祭典」として開く同映画祭は28回目を迎えます。多くの人に映像文化を気軽に楽しみ、親しんでもらうことを目的に、市民による実行委員会を立ち上げ、作品上映やイベントなどを展開する予定です。
 2017年の同祭は、3日間で過去最多の全34作品を上映。「心に響く音楽と、心に響く映画を!」と題し、音楽と関連深い映画「リンダ リンダ リンダ」や「ストックホルムでワルツを」、「映画 けいおん!」などを上映。西部劇の「黄色いリボン」や「トゥルー・グリット」、昭和の名画「古都」や「誘拐報道」、フランス名画「勝手にしやがれ」「やさしい女」、アニメ作品「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」、無声映画「鯉名の銀平 雪の渡り鳥」など、幅広いジャンルを取りそろえています。
 舞台あいさつには、「古都」に映画評論家のモルモット吉田さん、「誘拐報道」では監督の伊藤俊也さん、「リンダ リンダ リンダ」で監督の山下敦弘さん、「不死身なあいつ」では石森史郎さん、「あん」では、原作者のドリアン助川さんと女優の樹木希林さんがそれぞれ登壇する予定です。
 開催に向けて、同財団の渡邊さんは「今回は新たな試みとして、ワークショップや親子上映会、保育サービス付き上映を行う。映画音楽を中心としたミニコンサートやランチスタンプラリーなど上映のみならず関連イベントも充実しているので、ぜひご家族で来場いただきたい」と話しています。
 木島平の皆さんにも「映画のまち調布」を体験していただくこのイベントにご参加いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします!

【開始日時】2017.1.5

コメントを書く

回答