<サービス終了のお知らせ>
誠に勝手ながら「いーなか交流館」は2017年3月1日をもちましてサービスを 終了致します。サービス終了に伴い、本サイトのデータは消去致します。 必要なデータがある場合はお手数ですがローカルPCに保存していただけますようお願い致します。
これまでご愛顧いただき、ありがとうございました。

姉妹都市調布の『ぬくもり情報』

RSS

テーマ

「調布・深大寺で雪遊びイベント 長野県木島平村から24トンの雪」

 調布の深大寺で1月28日・29日、雪遊びイベントが行わました。
 深大寺そば組合・木島平村交流事業の一環として。当日は「深大寺ゆきあそび」と題し、姉妹都市の長野県木島平村から24トンの雪を運び、大きな滑り台や雪遊び広場を設け、子どもたちの喜ぶ声が絶えませんでした。
 大量の雪を使ったイベントとしては深大寺地域で初となる同企画。通常は駐輪場として活用され、夏は盆踊りなどを行う「深沙の杜(じんじゃのもり)」スペースを開放し、着替えスペースも用意されていました。
 会場では、そばで有名な深大寺にちなんだ「そばがき」と木島平村特産の「きのこ」が入った「そばがき入りきのこ汁」(有料 限定300食)を用意するほか、同村の観光物産ブース、汁粉、甘酒、日本酒カクテルを販売。深大寺そば組合加盟店で飲食をするともらえる抽選券で木島平スキー場リフト券や木島平産コシヒカリなどが当たる抽選会も行われました。
 深大寺そば組合の内田さんは「木島平村がそばの生産に力を入れ始め、村と組合との関係が深まってきた中、調布銀座の雪まつりに感銘を受け生まれた企画。
 都会ではあまり体験できない雪を使った遊びを思う存分楽しんでいただければ」と話していました。
 なお「調布銀座雪まつり」は2月11日に開催されます。調布の子どもたちは木島平の雪で遊ぶかけがえのない体験ですね!ぜひ木島平の皆さんが調布に来るきっ
かけとしても活用していただけたら嬉しいです!

【開始日時】2017.2.1

コメントを書く

回答